リモートラボについて (作業予定)

本日、11/23 15:00~深夜にかけてリモートラボのメンテナンスを実施いたします

目的は、1号機の構成が古いため、JUNOS9.xへのアップグレードが不可能のためロジックボードを新しいものに交換いたします
同時に2号機のHDDの予防交換を実施いたします
なお、近日公開予定でPDFドキュメントを作成中です 期間限定といたしますのでお見逃しのないようよろしくお願いいたします
Olive on VMware JUNOS7.4.jpg

タグ

受験料100%無料キャンペーン再び

Juniperのロゴが新しくなりましたね JUNOSのロゴも新しくなりました

logo-top-m.gif      junos-os.gif

 

10月で終了した受験料100%無料キャンペーンが日本限定で再度実施されるようです

100%OFFの条件はプリアセスメントテストを>受験する前に junos_campaign@j-partner.jpへメールを送信することです

さて、今日受験予定だったJNCIS-ESも業務の都合で受験できなくなったのでJNCIS-SECに挑戦してみますか

タグ

2009年11月1日 | コメント/トラックバック(2) |

カテゴリー:Juniper認定資格

書籍紹介:DAY ONE: CONFIGURING JUNOS BASICS

Junos Day Oneシリーズ2冊目のPDFです

CONFIGURING JUNOS BASICS

今回は、JUNOSの実際の設定の初歩となる部分に切り込んで解説されています

タグ

2009年10月14日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:書籍情報

JUNOS LIVE CHAT  ( JNCIA-JUNOS ? )

10/6にまたJUNOS live chatを実施するようです

今回の内容は、このたび新たに追加になったJNCIP認定試験の

JN0-100 JNCIA-JUNOS“についての情報公開と質問受付がメインテーマの模様です

開催日時:10/6 太平洋時間 AM 11:00

 

タグ

2009年9月25日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:JNCIA-JUNOS

static routeの設定

では今回よりルーティングに入っていきましょう
まずはstatic routingです
JUNOS-BOX1台だけではルーティングなんてできませんので昔なつかしのテストルータを用意しました

テストルータの設定は下のように設定されています

!
version 12.3
service timestamps debug datetime msec
service timestamps log datetime msec
no service password-encryption
!
hostname test-router
!
boot-start-marker
boot-end-marker
!
!
no aaa new-model
ip subnet-zero
!
!
!
!
!
interface Loopback0
 ip address 192.168.0.1 255.255.255.255
!
interface Ethernet0
 ip address 172.16.0.2 255.255.255.0
!
interface Serial0
 no ip address
 shutdown
 no fair-queue
!
interface Serial1
 no ip address
 shutdown
!
ip http server
ip classless
ip route 192.168.10.1 255.255.255.255 172.16.0.1
!
!
!
!
line con 0
 exec-timeout 0 0
 logging synchronous
line aux 0
line vty 0 4
 login
!
end

JUNOSにて対抗ルータとおしゃべりできるように設定を行います
まずはインターフェース設定から行っていきます
ここではfxp0インターフェースにIPアドレス172.16.0.1/24を設定することとします

最後に対抗側のルータのループバックへstatic routeを設定しましょう
設定コマンドは次のとうりです
set routing-options static route サブネット/サブネットマスク next-hop ネクストホップアドレス

では実際の設定を見てみましょう

[edit]
root# set interfaces fxp0 unit 0 family inet address 172.16.0.1/24

[edit]
root# set routing-options static route 192.168.0.1/32 next-hop 172.16.0.2

[edit]
root# show | no-more
version 7.4R3.4;
system {
    root-authentication {
        encrypted-password “$1$MPrtQ1DA$hf4U/6LnogUEGeFd5/uS71″; ## SECRET-DATA
    }
    syslog {
        user * {
            any emergency;
        }
        file messages {
            any notice;
            authorization info;
        }
        file interactive-commands {
            interactive-commands any;
        }
    }
}
interfaces {
    fxp0 {
        unit 0 {
            family inet {
                address 172.16.0.1/24;
            }
        }
    }
}
routing-options {
    static {
        route 192.168.0.1/32 next-hop 172.16.0.2;
    }
}

[edit]
root# commit
commit complete

[edit]
root#

設定ができたらpingによる疎通確認を行います pingを停止させるときはCtrl+Cを押下します

[edit]
root# run ping 192.168.0.1
PING 192.168.0.1 (192.168.0.1): 56 data bytes
64 bytes from 192.168.0.1: icmp_seq=0 ttl=255 time=3.627 ms
64 bytes from 192.168.0.1: icmp_seq=1 ttl=255 time=3.598 ms
64 bytes from 192.168.0.1: icmp_seq=2 ttl=255 time=3.837 ms
64 bytes from 192.168.0.1: icmp_seq=3 ttl=255 time=3.554 ms
^C
— 192.168.0.1 ping statistics —
4 packets transmitted, 4 packets received, 0% packet loss
round-trip min/avg/max/stddev = 3.554/3.654/3.837/0.109 ms

[edit]
root# 

以上で正常にstutic routeの設定ができました

次回はRIPの設定をやってみたいと思います

タグ

2009年9月22日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:JUNOS

わたしとFreeBSDとネットワーク

本の整理をしているとわたしがネットワークエンジニアを目指すキッカケとなった本が出てきました
“FreeBSD徹底活用1 ネットワーク編”

bsd.jpg

もう十年以上前の本です
PC-UNIX関連の本なんですが今見直してみると
NATやメール送信時のパケットフローなんかが記載されていて
ネットワーク屋向け?と思える内容でした

FreeBSDといえばJUNOSのベースになっているOSなんですが
Juniperの資料をあさっているとJUNOS8.5からベースにしているFreeBSDのバージョンを4.10から6.1に変更したという、リリースノートを発見しました
本当にJuniperって自社のOSのベースがFreeBSDだということをまったく隠さないですね
逆にここまでおおぴらげにされると気持ち良いです

今日は、自己紹介代わりの独り言でした

またまた最近試験勉強を始めましたブログの更新が少なめになると思いますが大目に観てくださいm(__”m)

タグ

2009年8月29日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:コラム

プチ検証:設定の初期化方法(ルータ編 1)

思いつきでプチ検証を実施します

 

最近のJUNOSはroot-authentication-passwordの設定がないと

残念ながらcommtを実行させてくれない

ということは一度立ち上げ済みのJUNOSにはパスワードが設定されているということになる

 

ここで某社ルータなら“wr e”,”rel”を実行しておけば設定が初期化されて次に検証を実施する人間はすぐに検証開始できるんだが…..

 

rootのパスワードを決め打ちしてしまう方法もあるが、大きな会社となると共通パスを知らない人が出てきて、またこれも検証に取り掛かるまでに時間を要することとなる

 

ということで、ファクトリーデフォルトで立ち上がる方法を探ってみたいと思う

 

…..シュミレータでは無理なようだ

検証失敗しました また実機を触れる時に再検証いたします

 

タグ

2009年8月28日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:JUNOS

お祝いしてください♪ : リモートラボ構築中(2)

えーぇっと、自分からこんなことを言い出すのはおかしな話ですが
私事ながら先週、JNCIS-ER資格を取得いたしました
ということで、お祝いをしてください

さて、お祝い事としまして、昨日、完成したばかりのJUNOSリモートラボを開放いたします
まだ試験運用ですので不具合等が出る可能性がありますのがご了承ください

junos-term.JPG

=========== JUNOS リモートラボの使用について===============

期間:2009/8/24~2009/9/1
接続方法:下記のリンクをクリックするかtelnet.network-lab.org 2001へtelnetをしてください
        telnet://telnet.network-lab.org
        なお、繋がらない場合は他の人が利用中と考えられますしばらくお待ちください
利用手順 : リモートラボ使用に関して事前連絡のメール等、不要です
       好きな時間に開始して好きな時間に終了してください
       ただし、1日に利用は1度まで、2時間以内の利用でお願いいたします
注意事項 :
・このラボの使用でいかなる不具合が発生した場合にも保障はいたしません
・利用終了時、利用していない場合は切断をしてください
・JUNOSへパスワードを設定される場合は…..

 管理者ID : root
 管理者パスワード : Juniper

 ユーザ1ID : Juniper
 ユーザ1パスワード : Juniper
 ユーザ1class : super-user

で設定をお願いいたします

タグ

リモートラボ構築中(1)

前回、Ciscoルータをシュミレートするdynamipsリモートサーバを
8/8~8/20というド短期にて閉鎖してしまいましたが、

あのときに使用していましたサーバを
あっ!という間にばらしてしまいまして
今度はJUNOSエミュレータサーバを構築中です。

もちろん公開いたしますよん♪

j-emulater.JPG

実はさっきドライブマウントを間違えて今、再インストール中です….
(真夜中に解決しました.)

ケースが青なのはもちろんこだわりです
部品的な構成はdynamipsサーバの時とあまり変わらないのですが、
ある物を入れるためにケースを少し大きな物にしました

dyanamipsサーバで動かしているときよりだいぶスピードアップしました
かなりサクサク動いてくれます

「あ、青いやつは3倍速いのか!?」
いや、3倍速いのは赤だから……

タグ

JUNOSステッカー

もう手に入れられましたか?

最近、JUNOSステッカーがいろんなところで配られているみたいですね

講習会やイベント等々(私は講習会で3枚いただきました)

JNTCP試験に合格して、申請をすると送ってくれたりもするようですが

本当かどうか私はまだ確認できていません

 

original.jpg

ただ、雨の掛かるようなところには使えなさそうです

紙ステッカーですね (神ステッカーかも?)

“I WISH THIS RAN JUNOS SOFTWARE”なんかは

会社のCatalyst6513に張り付けてやりたいですね~♪

タグ

2009年8月19日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:goods

このページの先頭へ