ログ保存とコンフィグ流しこみ

久々に技術的なブログを書きます

最初にログの保存方法です
JUNOSで現状のキャンデティト・コンフギュレーションを出力させるためにはshowコマンドを実施します
ただし、showコマンドを実施しますと1ページごとに
—(more)—
と出力されてしまいます
moreを出力させないためには
show | no-more
を実施します”no-more”コマンドはshow以外のコマンドでも有効です
ユーザがログアウトするまでページングを無効にするためにはオペレーショナルモードで下のコマンドを実施します
>set cli screen-length 0
コンフィギュレーションモードからオペレーショナルモードのコマンドを実施したい場合は実施するコマンドの前にrunを付け加えます
#run set cli screen-length 0
JUNOSのrunコマンドはciscoで使えるdoコマンドとは違い”tabキー”や”?”を使うことができます
I love JUNOS !
しかし、JUNOSの設定はご存知のとおりset形式で実施します
このset形式でコンフィグを表示させるには、
#show | display set
を実施します 先ほどの”no-more”と組み合わせて
#show | display set | no-more
を実行すると良いでしょう
次はコンフィグの流し込みです
コンフィグをコンソール端末から流し込みを行う場合には
#load override terminal
を実施、コンフィグを流し終えたら、Ctrl-Dで終了です
念のためですがcommitで設定反映を忘れずに

タグ

2009年11月8日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:JUNOS

rollback実行前の設定確認

今回は設定の反映、保存方法について

ご存知のとおりJUNOSはいくらコンフィグを作ってもすぐには反映されません

設定反映する時にはcommitコマンドを使用します

 

さて、このcommitされたコンフィグファイルはJUNOSの場合は50世代まで世代管理されます

またrollbbackコマンドを実施することにより50世代前までの設定ファイルを読み込むことができます

この世代管理された設定ファイルは3世代目までは /config/ディレクトリ以下に保存され、それ以降の4世代目から50世代目までは /var/db/config/ディレクトリに保存されます

現在実行されているコンフィグのバックアップファイルは /config/juniper.conf.gzです

 実はJUNOSではstart shellコマンドを実施することにより直接UNIXシェルにアクセスできます

実際にファイルが保存されている場所を確認してみましょう

(ただしshellを触るとサポートが受けられなくなりますので自己責任で)

 

root> start shell
root@%ls -la /config
total 24
drwxr-xr-x   2 root  wheel  512 Sep 13 19:18 .
drwxr-xr-x  19 root  wheel  512 Sep  1 23:39 ..
-rw-r—–   1 root  wheel  200 Sep 13 16:54 juniper.conf.1.gz
-rw-r—–   1 root  wheel  151 Sep 12 12:24 juniper.conf.2.gz
-rw-r—–   1 root  wheel  271 Sep 12 00:05 juniper.conf.3.gz
-rw-r—–   1 root  wheel  230 Sep 13 19:18 juniper.conf.gz
root@% ls -la /var/db/config
total 60
drwxr-xr-x   2 root  wheel  512 Sep 13 19:18 .
drwxr-xr-x  11 root  wheel  512 Sep 13 19:18 ..
-rw-r—–   1 root  wheel  325 Sep 11 11:37 juniper.conf.10.gz
-rw-r—–   1 root  wheel  319 Sep 10 11:30 juniper.conf.11.gz
-rw-r—–   1 root  wheel  312 Sep  9 01:55 juniper.conf.12.gz
-rw-r—–   1 root  wheel  292 Sep  9 01:50 juniper.conf.13.gz
-rw-r—–   1 root  wheel  151 Sep  9 01:30 juniper.conf.14.gz
-rw-r—–   1 root  wheel  210 Sep  9 01:30 juniper.conf.15.gz
-rw-r—–   1 root  wheel  151 Sep  9 01:29 juniper.conf.16.gz
-rw-r—–   1 root  wheel  225 Sep 13 19:18 juniper.conf.4.gz
-rw-r—–   1 root  wheel  330 Sep 13 16:54 juniper.conf.5.gz
-rw-r—–   1 root  wheel  286 Sep 12 12:24 juniper.conf.6.gz
-rw-r—–   1 root  wheel  151 Sep 12 00:05 juniper.conf.7.gz
-rw-r—–   1 root  wheel  357 Sep 11 11:42 juniper.conf.8.gz
-rw-r—–   1 root  wheel  352 Sep 11 11:41 juniper.conf.9.gz
root@% exit
root>

 

直接CLIよりこの設定ファイルの中身を確認したい場合は….

root> file show /var/db/config/juniper.conf.10.gz
version 7.4R3.4;
system {
    root-authentication {
        encrypted-password “$1$lsjMSsHY$6r1NpLratYqqQb5OrsfZ70″;
    }
    login {
        user Juniper {
            uid 2000;
            class super-user;
            authentication {
                encrypted-password “$1$WxKIvzoy$.8nGAuVuYjk.GZ.4EDrTG/”;
            }
        }
    }
    syslog {
        user * {
            any emergency;
        }
        file messages {
            any notice;
            authorization info;
        }
        file interactive-commands {
—(more)—

設定ファイル自体はgzで圧縮されていますが

普通に見えますので中身を確認してからrollback 10を実施しましょう

タグ

2009年9月12日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:JUNOS

EXスイッチのデフォルトコンフィグ

EXスイッチを立ち上げたときのdefault configですがJuniperルータの場合とは少し違い、
最初から物理インターフェースの情報がコンフィグに反映されております
この設定により他社製のスイッチのように初期設定を実施せずとも普通のスイッチングHUBとして利用することが可能です

下がEX4200のdefault configです (長いので途中を略しています)

root#show
system {
    syslog {
        user * {
            any emergency;
        }
        file messages {
            any notice;
            authorization info;
        }
        file interactive-commands {
            interactive-commands any;
        }
    }
}
interfaces {
    ge-0/0/0 {
        unit 0 {
            family ethernet-switching {
        }
    }
    ge-0/0/1 {
        unit 0 {
            family ethernet-switching {
        }
    }
    ge-0/0/2 {
        unit 0 {
            family ethernet-switching {
        }
    }
    ge-0/0/3 {
        unit 0 {

            family ethernet-switching {

        }

    }

~~ 中略 ~~

    ge-0/0/22 {

        unit 0 {

            family ethernet-switching {

        }

    }
    ge-0/0/23 {

        unit 0 {

            family ethernet-switching {

        }

    }
}
protocols {
    lldp {
        interface all;
    }
    
lldp-med {
        interface all;
    }
}

因みにJuniperのスイッチ製品に関してポート番号は0番から始まります
たとえば、EX4200-24の場合は一番初めのポートはge-0/0/0から始まりcopperポートの最後のポート番号はge-0/0/23です

最初のうちは戸惑うかもしれませんが、慣れの問題だとおもいます
 

 

タグ

2009年9月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:EXスイッチ

このページの先頭へ