リモートラボ構築中(7)

またまた、短信になります

JunosBOXの2号機を新しいマザーボードへ変更いたしました
旧: intel D945GCLF2D (Atom330)
   ↓
新: intel D410PT (Atom D410)
D410PT_lg.jpg
また青いですねぇ…(ネタです)
Dual-CoreからSIngle-Coreになったのと新チップセットのおかげで15w程度消費電力がさがっています
Junosのバージョンも微妙にUPしました

ですが、今回の構築もすんなりといきませんでした
そもそもこの”D410PT”というマザーボードかなり癖があります
Linuxでさえまともに動かないという記事がWeb上で散見されます
(もちろんJunosBOXではLinuxやWindows、VMwareさえ動いていませんが…)

結果、Junosの内部に少し細工を加えてあります

正直な話、どのような細工を施しているかは見る人が見ればすぐにわかってしまいます
JunosBOXも、もうこのマシンで3世代目です

Juniperリモートラボを無料で開放するためにいろいろな方法を考え実行してきました
PCケースもこの”DIRAC Noah 800″を選択した理由がちゃんとあります

どうやったらこんなもの作れるの?
と思う方は私のブログとリンク先を這回れば答えは出てきます
全ての部品は個々で画像があったりします
このシミュレータ自体がかなりグレーな部分があるため詳細解説することは出来ません

さて、このサイトも、開設してもうすぐ1年になろうとしています
いまのリモートラボは下の写真のような風景ですが….
DSC_0150.jpg
LANケーブルが束のように這回り、神機と呼ばれる1812Jの上にサーキュレータが鎮座している….
これでもまだ綺麗にした結果なんです

最初のリモートラボは写真のような簡単なものでした
first-lab.JPG

Cisco2501でコンソールサーバを作っていたのが懐かしいですねぇ…..
CIscoルータのAUXポートとJunosBOXをBack-to-Back+リバースtelnetで接続してました
Catalyst2950もただ置いてあるだけで動作してませんでしたね

じつは、最初に作ったマシンがJunos8.5が動く形であまってたりします…というより処分に困っています
・VIA VIA EPIA-5000 + Junos8.5 + FastEthernet NIC x1
誰か欲しい人とかいませんかねw

タグ

リモートラボ構築中(6)

リモートLABについて現状報告のための短信です

現在、リモートLABへWindwos2000 Serverを使用してリモートサーバの導入を計画中です

リモートサーバの導入によりパケットキャプチャや各種サーバの構築が可能となる予定です

aten.JPG

KVM over Ethernet ログイン画面

remote-vnc2.JPG

Windowsログイン画面

remote-vnc1.JPG

検証画面イメージ

lab-cloud.JPG

検証イメージ

上のキャプチャ画面ではインターネット接続端末以外のローカル機器を一切使わずOSPFの検証を実施しているところです

実は最近twitterにて”自宅ラボのクラウド化”という意味のわからないことをつぶやいていますが、少しずつ現実に向けて進んできています

リモートサーバ公開開始については、いつもどおりに構築/初期検証が終了後、テスト公開→本番運用のフェーズへと移行いたしますので、もうしばらくお待ちください

タグ

リモートラボ構築中(5)

やっとこさコンソールサーバのセットアップを終了いたしました

telnet.network-lab.org port:2033  JUNOS1号機

telnet.network-lab.org port:2034  JUNOS2号機(仮運用)

telnet.network-lab.org port:2035  Cisco 2501

となっております

尚、2号機に使用したNICに不具合があり、

現在はJUNOS1号機とCisco2501だけがおしゃべりできる状態です

 

さて、話が変わり、コンソールサーバーの話題なんですが…..

コンソールケーブルの表記が消えてしまっていてどのラインに繋がっているか判らなくなってしまいませんか?

そこで今回はこんなものを探してきました

UTPアクセサリー

HamonetのLAN部材は品質がよく個人でよく使っています

特にへの字ラッチのLANコネクタはお気に入り

(中身はPANDUITなんですけどね)

写真のものは本来、UTPケーブルに使用するものですがこれなら絶対に字が消えることが無いですね

こんな感じで使ってみました

console_and_tag

後はRJ45の爪が折れやすいところが改善されればすごく嬉しいんですがねぇ

タグ

リモートラボ構築中(4)

最近は、ネットカフェが第三の事務所と化してきております。はぁ。

 

こんなところでもTeraTerm-utf8を仮インストールしてソッコーで、

検証ができるのがうちのリモートラボの売り♪

(生telmetなどネットワーカとして在り得ない所業も接続性の為の犠牲)

 

なんですが、ラボ向けネットワークの更改を目論んでいるためちょっとバタバタするかもです

まずはコンソールサーバを取りに行かないと。。。。

・今回新たに入手したもの

 某社製コンソールサーバ

 SSD(信頼性を重視しTrancend製)

ssd.JPG

今回は、ちょっと独り言&ヨタ入ってます

日本語のOlive情報を入手しました

カリスマCCIEのtomoさんblogCCIEになるにはのJuniperカテゴリにて詳細説明されております

 

ではでは、今日もお仕事がんばりましょう

タグ

リモートラボ構築中(3)

リモートラボマシン( JUNOS emulator server ) の2台目構築のために物品購入を始めています

写真はIntel ATOM CPUをオンボードで搭載したIntel純正のマザーボードです ATOMとは最近流行のネットブックやネットトップに搭載されている少消費電力を売りにしているプロセッサです

atom.JPG

まだマザーしかありませんので、このマザーにあったPC533の2GBメモリーやSATAのシリコンディスク等が必要です 完成までに少し時間がかかると思われます

 

さて、ご存知のとおりJuniperのM/Tシリーズの低価格版はIntel系のCPUを搭載したPCマザーをルーティングエンジンとして使用していまので論理的には通常のPCの上でJUNOSを動作させることが可能なはずです 

昔のJuniperはPentiumⅡとかで動いていたはずなのでATOMでも十分に動作させられると考えられます

なんか今回の箱も青ですね

PentiumⅡの高クロック版は500MHzぐらいまでだったと思います対してATOM330は1600MHz

約3倍のクロック数差があります

青いと3倍速い?

タグ

お祝いしてください♪ : リモートラボ構築中(2)

えーぇっと、自分からこんなことを言い出すのはおかしな話ですが
私事ながら先週、JNCIS-ER資格を取得いたしました
ということで、お祝いをしてください

さて、お祝い事としまして、昨日、完成したばかりのJUNOSリモートラボを開放いたします
まだ試験運用ですので不具合等が出る可能性がありますのがご了承ください

junos-term.JPG

=========== JUNOS リモートラボの使用について===============

期間:2009/8/24~2009/9/1
接続方法:下記のリンクをクリックするかtelnet.network-lab.org 2001へtelnetをしてください
        telnet://telnet.network-lab.org
        なお、繋がらない場合は他の人が利用中と考えられますしばらくお待ちください
利用手順 : リモートラボ使用に関して事前連絡のメール等、不要です
       好きな時間に開始して好きな時間に終了してください
       ただし、1日に利用は1度まで、2時間以内の利用でお願いいたします
注意事項 :
・このラボの使用でいかなる不具合が発生した場合にも保障はいたしません
・利用終了時、利用していない場合は切断をしてください
・JUNOSへパスワードを設定される場合は…..

 管理者ID : root
 管理者パスワード : Juniper

 ユーザ1ID : Juniper
 ユーザ1パスワード : Juniper
 ユーザ1class : super-user

で設定をお願いいたします

タグ

リモートラボ構築中(1)

前回、Ciscoルータをシュミレートするdynamipsリモートサーバを
8/8~8/20というド短期にて閉鎖してしまいましたが、

あのときに使用していましたサーバを
あっ!という間にばらしてしまいまして
今度はJUNOSエミュレータサーバを構築中です。

もちろん公開いたしますよん♪

j-emulater.JPG

実はさっきドライブマウントを間違えて今、再インストール中です….
(真夜中に解決しました.)

ケースが青なのはもちろんこだわりです
部品的な構成はdynamipsサーバの時とあまり変わらないのですが、
ある物を入れるためにケースを少し大きな物にしました

dyanamipsサーバで動かしているときよりだいぶスピードアップしました
かなりサクサク動いてくれます

「あ、青いやつは3倍速いのか!?」
いや、3倍速いのは赤だから……

タグ

リモートラボ(dynamips)停止のお知らせ

リモートラボ構築中(pre1)にてお知らせしました

dynamipsリモートラボ本日をもって停止いたしました

 

停止の理由はe(config)#ccie enable 様にて同様にdynamipのリモートラボが公開されており

本ブログにて、dynamipサーバを公開する理由が無くなった為です

 

e(config)#ccie enable 様にて、より詳しく解説されております

 

rl.JPG

2009/8/21現在“dynamips リモートラボ”でググると本ブログはは2番目に表示さます

もちろん一番上はe(config)#ccie enable 様です

 

また同じ管理人さん(eの人 さん)にてJuniperのもう一つ製品、世界的に有名なファイアウォールNetscreenの学習をテーマとしたSSGの修練所も公開されております

JNCIS-FWVの取得も考えていますので、参考にさせていただきたいと思います

タグ

リモートラボ構築中(pre1)

某所の管理者にご協力を得てリモートラボを構築中です
現在は某社ルータをエミュレートするdynamipsサーバのみ仮運用しております

DSC00012 (2).JPG
試験用仮サーバですので反応が遅い場合が多々ございますが、ご了承ください
下記リンクより試用していただけます

Cisco3620 1号機
Cisco3620 2号機

Cisco3620 3号機

トポロジーは下記の通りになっております

ccna-lab2.GIF

はて、なぜJuniperのブログにdynamips…..???
以降ご期待ください。

<この記事は期間限定掲載です>

タグ

このページの先頭へ