SRX100の購入方法は? ( 価格調査 )

これまでJuniperのファイアウォールと言えばSSG/ISGシリーズでした
しかし、昨年度にSRXシリーズが発表/発売されたことによりこれまでのScreenOSベースのファイアウォールからJunosベースのファイアウォールへと移行して行くことになります

ns5gt-srx100.JPG
[NetScreen 5GT]と[SRX100]
SSGシリーズとSRXシリーズの比較をしてみましょう

  SSG5 SSG20 SRX100 SRX210
サイズ(cm) 22.2×4.1×14.3 29.5×4.5×18.7 21.6×3.6×14.7 27.9×4.1×18.0
重量(kg) 0.95 1.5 1.1 1.5(PoE 2.0)
固定I/O 7×10/100 5×10/100 8x 10/100 2×10/100/1000
  + 6×10/100
I/Oスロット - - - 1×SRX Mini-PIM
FWスループット
(ラージパケット)
160 160 650 750
最大同時セッション数 8,000/16,000 8,000/16,000 16,000/32,000 32,000/64,000
最大セキュリティポリシー 200 200 348 512
最大セキュリティzone数 8 (extd 10) 8 (extd 10) 10 12
最大バーチャルルータ数 3/4 3/4 3 10
※ 表内表記は有効メモリ 512MB / 1GB
最近ではNetScreenやSSGシリーズのリプレース要件ととしてSRXが提案される事も多いようです

個人利用として今までNetScreenを使われていたユーザさんもこれからはSRXを検討されることが多いと思います
個人購入する場合は下記のオンラインショップにて取扱いがあります

Amazonにも取扱いがあるようですので当サイト右側の”Junos関連本”バナーの2パージにリンクを追加いたしました
海外より個人輸入を行えば格安に手に入れることもできます

なおSRXシリーズの正規価格は下のリンクよりダウンロードできます
SSGに置き換わる新プラットホームとしてSRXシリーズをヘビーローテーションいたします

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. libero より:

    SRX210はカタログスペックで見るとSRX100よりも優秀なんですが、他のSRXシリーズと扱いが違うのか、一部コンフィグの書き方が違ったりするので、比較するときは注意が必要です。

    同じ機能が同じバージョンのJUNOSでコンフィグの書き方が違うなんて状況がなんでできたのかわかりませんが、それに気が付かなかったせいで設定時にログなどから切り分けをやることになったので・・・

  2. razan より:

    liberoさん コメントありがとうございます
    貴重な情報ありがとうございます 私はSRX210の設定を行ったことがありませんのでコンフィグ設定に違いがあることは知りませんでした
    Juniper製品に関する情報は少ないと思っておりますので
    こういった情報共有はすごくありがたく感じます ありがとうございます

  3. libero より:

    前回コメントを書いた後に実例を書いておけば
    良かったと思いましたので、数ヶ月前の記憶を頼りに
    以下にSRX210の設定時に困ったことを書いておきます。

    SRX210で、ポリシーベースのIPsec VPNを
    設定していたときのことなのですが、

    set policy any-permit then permit source-nat interface

    を実行しコミットすると、

    policy any-permit {
    match {
    source-address any;
    destination-address any;
    application any;
    }
    then {
    permit {
    ##
    ## Warning: configuration block ignored: unsupported platform (srx210-hm)
    ##
    source-nat {
    interface;
    }
    }
    }
    }

    こんな感じで、source-natに対してwarningを出して、
    その部分だけ設定が無視されることになります

    上記のコマンドは、ポリシーベースのIPsec VPNを
    設定するための公式なドキュメントの
    8ページ目に記載されており、それを信用すると死ねますw

    http://www.juniper.net/us/en/local/pdf/app-notes/3500175-en.pdf

  4. razan より:

    liberoさん コメントありがとうございます
    頂きました設定内容と公式ドキュメントをもとにこちらでも検証を行ってみようと思います
    いつも貴重な情報いただきありがとうございます

  5. hechtia より:

    razanさん、SRX100の情報ありがとうございます。
    razanさんのブログが、JUNOSとの再会のきっかけになりました。

    SRX100は安いですね。amazonでは10万円を切ってました。
    さっそくSRX100を購入し、Cisco3600シリーズルータと接続してOSPFやBGPなどIPルーティングプロトコルの設定を入れて遊んでいます。

    自分が2007年にJNCIA-M認定を受けた当時、10万円を切る価格でJUNOSが動作するルータが入手出来るとは、夢にも思っておりませんでした。

  6. razan より:

    hechtiaさん コメントありがとうございます

    承認およびコメント返信が遅くなり失礼いたしました

    わたしもまさか低価格でJuniperルータが手に入るようになるとは思っていませんでした

    SRXシリーズはセキュアルータとされていますがその実はファイアウォールですね
    JuniperのファイアウォールとしてはNetScreen SSG/ISGが有名ですが、過去よりJunosへ置換えられるとアナウンスされていました
    しかし本当にNetscreenシリーズがJunosへ置き換えられる日が来るとは私も思っていませんでした
    従来のSSG5が担ってきたセグメントをSRX100が占めていくと思われます
    この低価格もその戦略でしょう

    思う存分Junosに触れることができるのはエンジニアとして嬉しい限りですね 思いっきり楽しみましょう


コメントをどうぞ

このページの先頭へ