わたしとSolarisとネットワーク

前回、わたしとFreeBSDとネットワークなる記事を書いておりますが

よほど私はUNIXと縁があるのか、FreeBSDを一通り遊び、そろそろ飽きたかな?という時が大学への進学の時期でした

四苦八苦した大学受験もやっと終わり、晴れて大学に入学した私を待ち構えていたのはSun Microsystemという会社のワークステーションでした

もう、この頃の私にはUNIX恐怖症なんてものはなく、それまで1回も触ったことがないWindowsよりもSolarisのほうがよっぽど使いやすかったものですから50台ほどのUNIXワークステーションを私一人で占有して使用しておりました

そうです私は実はWindows歴よりもUNIX歴のほうが長いのです。

そして、今でも私の机の引き出しにはSolaris8のメディアが入っています

solaris.jpg

 

さて、JuniperNetworks社の共同設立者で、副会長の方にPradeep Sindhuなる人物がいますが、元Sun Microsystem社の技術者でSS1000、SS2000などSun Microsystems初の高性能マルチプロセッサシステム・ファミリを開発した人でした

 ここから、JuniperNetworksはアンチCiscoという潮流だけでなくアンチSunといわれているゆえんです

さて、最近は仕事をするときに毎日Solarisのログイン画面を見ています

これも何かの縁なのでしょうか?

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ