Cisco2610を大型ファン装着で静穏化

普段はJuniper Networks社のルーター、スイッチ等の情報をメインにブログを書いておりますが、今回はシスコルーターにご登場いただきます

Cisco2600.jpg
この2610ルータはJUNOS-BOXのシリアル出力をインターネットからアクセスできるように設置しているコンソールサーバです
しかしこれが普通の一般家庭で使おうとすると非常に五月蝿い
2600シリーズってそんなに五月蝿いのでしょうか?
最初にファンを交換する前の状態をビデオにしましたので観てください

 
Cisco2610 ファン交換前


これが自宅ラバーズを悩ませるCiscoのファンノイズです

この2610はリモートラボに繋げるためのコンソールサーバとして24時間365日動かしっぱなしで、止める事は出来ません
しかし、設置場所は宿泊施設の一角をお借りして設置していますので睡眠の妨げとなるような騒音はNGです

「静穏化しないといけないのに、確実に冷却しなければならない」
相反する課題です 
いろんなHPを循環しているうちに1つ気がついた事がありました 2600シリーズはファンの周りに妙にスペースが余ってるように思えたのです 

「これだけのスペースがあればもしや1サイズ大きなファンが入るのではないか?」

そこで、ファンを6cm→8cmへと大型化することにしました

大きなファンを使用すると少ない回転数でも大きな風量を得ることが出来ます

用意した部品はこんな感じです

DSC00023.JPG

80mm薄型静穏ファン x 1

80mmファン用防振ガイド x 2

60mm→80mmファン口径変換アダプタ x 1

4×20 ナベねじ x 4

3.5×8 ナベねじ x 4 

取り付けは防振ガイドを挟むようにして変換アダプタを本体へねじ止め

(防振ガイドは風漏れ防止として使用)

DSC00030.JPG

ベースがしっかり固定されたらその上に80mmファンを取り付けし終了

見事に、2610ルーターへ80mmファンを装着することが出来ました

さて、これで静穏化は出来たでしょうか?

これもビデオをとってありますのでご覧ください
Cisco2610 ファン交換後


さて気になる風量についてですが、当方の感覚ではほぼ同じか、むしろ良くなっているのでは?
と感じております
当方も、今回の静穏化にあたり、なかなか部品を見つけることができませんでしたので
今回使用した部品情報についてAmazonへのリンクを張っておきます
 

謝辞:

この記事にccstudyのはっとさんよりリンクを貼っていただきました
この場をお借りしてお礼申し上げます
ありがとう御座いました

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. 通りすがりで… より:

    cisco ルータ静音化でここにたどり着きました。いまさらですが2点教えて

    頂きたいことがあります。

    1.ファン口径変換アダプタのメーカ:ネットで探したがみな高さがある感じ

    でここにある変換アダプタが見当たりません。

    2.ファンの高さ:最大が10・20・25㎜のどれに当たるのでしょうか。

    わかる範囲でもいいのでお待ちしています。では失礼いたします。

  2. razan より:

    通りすがりで… さん
    コメントありがとうございます。

    承認、返信が遅くなり申し訳ございません。

    > 1.ファン口径変換アダプタのメーカ
    メーカー名は『親和産業』型番は『SS-SAF68』です。
    Amazonであればまだ在庫はあるようです。

    >2.ファンの高さ
    80x80x15の静音タイプのファンになります

    なお、もう少し背の高いファンでも入ると思いますが、空気の流れを考えると少しでも薄いファンを選択されたほうが良いと思います。

    Ciscoルータの静音化頑張ってください


通りすがりで… にコメントする

このページの先頭へ