コラム:英語を克服しよう(番外編1)

さて何回か実施しているコラム「英語を克服しよう」ですが、今回は番外編をお届けします

こんなコラムを立ち上げていますが私は英語を本格的に勉強し始めて1年もたっていません
まだまだ若輩者です まだまだ勉強は終わりません

では、なぜ 英語を勉強するのでしょうか?
なぜ?わざわざ茨の道を歩むのか?

もちろんJuniperの試験が英語でしか受験できないので私にとっては必須科目であります
そしてJuniper認定試験が日本語化されることは今後も無いでしょう

またJUNOSの技術資料もほとんどが英語です

ただし、英語を勉強する理由にとするにはあまりに陳腐です

英語は世界の共通言語です。このグローバル化、いやフラット化が進んだ現在において、
英語が話せないのは決定的なウィークポイントです

なぜ、われわれ日本人は英語を不得意としているのでしょう?
この答えは私が以前にも提示いたしました
日本の英語教育は間違っています。
間違った教育を受けたから英語が話せないんです

現在は先進国と言われる国に住んでいて英語が話せないのは恥なんです
今は無料でいろいろな教材を入手することができます 日本において英語の教材を探すことは
中国語の教材を探すよりはるかに容易です

義務教育で習ったいやな思い出の詰まった古臭い英語の記憶なんて捨てて、
言い訳ばかりしてないで、さあ、重い腰を上げ新しい自分と出会えるよい機会です

Hey. Chris. Why are you speak Japanese very well?

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ