rollback実行前の設定確認

今回は設定の反映、保存方法について

ご存知のとおりJUNOSはいくらコンフィグを作ってもすぐには反映されません

設定反映する時にはcommitコマンドを使用します

 

さて、このcommitされたコンフィグファイルはJUNOSの場合は50世代まで世代管理されます

またrollbbackコマンドを実施することにより50世代前までの設定ファイルを読み込むことができます

この世代管理された設定ファイルは3世代目までは /config/ディレクトリ以下に保存され、それ以降の4世代目から50世代目までは /var/db/config/ディレクトリに保存されます

現在実行されているコンフィグのバックアップファイルは /config/juniper.conf.gzです

 実はJUNOSではstart shellコマンドを実施することにより直接UNIXシェルにアクセスできます

実際にファイルが保存されている場所を確認してみましょう

(ただしshellを触るとサポートが受けられなくなりますので自己責任で)

 

root> start shell
root@%ls -la /config
total 24
drwxr-xr-x   2 root  wheel  512 Sep 13 19:18 .
drwxr-xr-x  19 root  wheel  512 Sep  1 23:39 ..
-rw-r—–   1 root  wheel  200 Sep 13 16:54 juniper.conf.1.gz
-rw-r—–   1 root  wheel  151 Sep 12 12:24 juniper.conf.2.gz
-rw-r—–   1 root  wheel  271 Sep 12 00:05 juniper.conf.3.gz
-rw-r—–   1 root  wheel  230 Sep 13 19:18 juniper.conf.gz
root@% ls -la /var/db/config
total 60
drwxr-xr-x   2 root  wheel  512 Sep 13 19:18 .
drwxr-xr-x  11 root  wheel  512 Sep 13 19:18 ..
-rw-r—–   1 root  wheel  325 Sep 11 11:37 juniper.conf.10.gz
-rw-r—–   1 root  wheel  319 Sep 10 11:30 juniper.conf.11.gz
-rw-r—–   1 root  wheel  312 Sep  9 01:55 juniper.conf.12.gz
-rw-r—–   1 root  wheel  292 Sep  9 01:50 juniper.conf.13.gz
-rw-r—–   1 root  wheel  151 Sep  9 01:30 juniper.conf.14.gz
-rw-r—–   1 root  wheel  210 Sep  9 01:30 juniper.conf.15.gz
-rw-r—–   1 root  wheel  151 Sep  9 01:29 juniper.conf.16.gz
-rw-r—–   1 root  wheel  225 Sep 13 19:18 juniper.conf.4.gz
-rw-r—–   1 root  wheel  330 Sep 13 16:54 juniper.conf.5.gz
-rw-r—–   1 root  wheel  286 Sep 12 12:24 juniper.conf.6.gz
-rw-r—–   1 root  wheel  151 Sep 12 00:05 juniper.conf.7.gz
-rw-r—–   1 root  wheel  357 Sep 11 11:42 juniper.conf.8.gz
-rw-r—–   1 root  wheel  352 Sep 11 11:41 juniper.conf.9.gz
root@% exit
root>

 

直接CLIよりこの設定ファイルの中身を確認したい場合は….

root> file show /var/db/config/juniper.conf.10.gz
version 7.4R3.4;
system {
    root-authentication {
        encrypted-password “$1$lsjMSsHY$6r1NpLratYqqQb5OrsfZ70″;
    }
    login {
        user Juniper {
            uid 2000;
            class super-user;
            authentication {
                encrypted-password “$1$WxKIvzoy$.8nGAuVuYjk.GZ.4EDrTG/”;
            }
        }
    }
    syslog {
        user * {
            any emergency;
        }
        file messages {
            any notice;
            authorization info;
        }
        file interactive-commands {
—(more)—

設定ファイル自体はgzで圧縮されていますが

普通に見えますので中身を確認してからrollback 10を実施しましょう

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ