EXスイッチのデフォルトコンフィグ

EXスイッチを立ち上げたときのdefault configですがJuniperルータの場合とは少し違い、
最初から物理インターフェースの情報がコンフィグに反映されております
この設定により他社製のスイッチのように初期設定を実施せずとも普通のスイッチングHUBとして利用することが可能です

下がEX4200のdefault configです (長いので途中を略しています)

root#show
system {
    syslog {
        user * {
            any emergency;
        }
        file messages {
            any notice;
            authorization info;
        }
        file interactive-commands {
            interactive-commands any;
        }
    }
}
interfaces {
    ge-0/0/0 {
        unit 0 {
            family ethernet-switching {
        }
    }
    ge-0/0/1 {
        unit 0 {
            family ethernet-switching {
        }
    }
    ge-0/0/2 {
        unit 0 {
            family ethernet-switching {
        }
    }
    ge-0/0/3 {
        unit 0 {

            family ethernet-switching {

        }

    }

~~ 中略 ~~

    ge-0/0/22 {

        unit 0 {

            family ethernet-switching {

        }

    }
    ge-0/0/23 {

        unit 0 {

            family ethernet-switching {

        }

    }
}
protocols {
    lldp {
        interface all;
    }
    
lldp-med {
        interface all;
    }
}

因みにJuniperのスイッチ製品に関してポート番号は0番から始まります
たとえば、EX4200-24の場合は一番初めのポートはge-0/0/0から始まりcopperポートの最後のポート番号はge-0/0/23です

最初のうちは戸惑うかもしれませんが、慣れの問題だとおもいます
 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ