コメントの書き方”description”と”annotate”

今回は設定ファイルへのコメントの記入の方法を取り扱ってみたい
JUNOSでは他社のルータ同様にdescriptionコマンドにてコメント記入が可能であるが、
もう少し柔軟なannotateというコマンドがある

このコマンドはどこの部分へでもまるでプログラムのコメントを記入するように設定コンフィグのどの場所にでもコメントを書くことが可能となる

では、実際に入力例を見ていこう

前提として現状となるコンフィグを下に示す

[edit]
root# show | no-more
system {
    syslog {
        user * {
            any emergency;
        }
        file messages {
            any notice;
            authorization info;
        }
        file interactive-commands {
            interactive-commands any;
        }
    }
}
interfaces {
    fxp0 {
        unit 0 {
            family inet {
                address 192.168.0.1/32;
            }
        }
    }
}

先ずは、descriptionによるコメント入力から
設定コマンドは
set interfaces インターフェース名 description “コメントテキスト
となる

[edit]
root# set interfaces fxp0 description “description test”

では確認してみよう

[edit]
root# show |no-more
system {
    syslog {
        user * {
            any emergency;
        }
        file messages {
            any notice;
            authorization info;
        }
        file interactive-commands {
            interactive-commands any;
        }
    }
}
interfaces {
    fxp0 {
        description “description test”;
        unit 0 {
            family inet {
                address 192.168.0.1/32;
            }
        }
    }
}

[edit]
root#

もしdescriptionが不要になった場合はdeleteコマンドで消すこととなる

[edit]
root# delete interfaces fxp0 description

[edit]
root# show | no-more
system {
    syslog {
        user * {
            any emergency;
        }
        file messages {
            any notice;
            authorization info;
        }
        file interactive-commands {
            interactive-commands any;
        }
    }
}
interfaces {
    fxp0 {
        unit 0 {
            family inet {
                address 192.168.0.1/32;
            }
        }
    }
}

[edit]
root#

さて、もうひとつのコメント入力コマンドはもう少し柔軟である。さすがに同じ場所に複数行に渡ってコメントを書き込むことはできないが、コンフィグファイルのどの場所へも書き込みができる

使用の仕方はコメントを書込みいたい階層へ移動し
annotate コメントを書きたい対象コメントテキスト
となる 少しややこしいだろうか? だが非常に便利である

[edit]
root# edit interfaces

[edit interfaces]
root# annotate fxp0 “annotate test”

[edit interfaces]
root# show |no-more
/* annotate test */
fxp0 {
    unit 0 {
        family inet {
            address 192.168.0.1/32;
        }
    }
}

[edit interfaces]
root#

ここで注意事項がある annotateコマンドはdeleteコマンドを使用しても消すことができない
annotateによるコメントを消すには次のように実施する

[edit interfaces]
root# annotate fxp0 “”

[edit interfaces]
root# show
fxp0 {
    unit 0 {
        family inet {
            address 192.168.0.1/32;
        }
    }
}

[edit interfaces]
root#

間髪おかないダブルクオーテションでNULL(何もないこと)を表現し、コメントを消すのだ

もともとプログラムのソースコードのようなJUNOSのコンフィグファイルであるが
annotateコマンドを多用できるようになるとますますプログラムに見えてくるようになる
さああなたは美しいコードを紡ぐことが出来るだろうか?

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ