リモートラボ構築中(5)

やっとこさコンソールサーバのセットアップを終了いたしました

telnet.network-lab.org port:2033  JUNOS1号機

telnet.network-lab.org port:2034  JUNOS2号機(仮運用)

telnet.network-lab.org port:2035  Cisco 2501

となっております

尚、2号機に使用したNICに不具合があり、

現在はJUNOS1号機とCisco2501だけがおしゃべりできる状態です

 

さて、話が変わり、コンソールサーバーの話題なんですが…..

コンソールケーブルの表記が消えてしまっていてどのラインに繋がっているか判らなくなってしまいませんか?

そこで今回はこんなものを探してきました

UTPアクセサリー

HamonetのLAN部材は品質がよく個人でよく使っています

特にへの字ラッチのLANコネクタはお気に入り

(中身はPANDUITなんですけどね)

写真のものは本来、UTPケーブルに使用するものですがこれなら絶対に字が消えることが無いですね

こんな感じで使ってみました

console_and_tag

後はRJ45の爪が折れやすいところが改善されればすごく嬉しいんですがねぇ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ