プチ検証:設定の初期化方法(ルータ編 1)

思いつきでプチ検証を実施します

 

最近のJUNOSはroot-authentication-passwordの設定がないと

残念ながらcommtを実行させてくれない

ということは一度立ち上げ済みのJUNOSにはパスワードが設定されているということになる

 

ここで某社ルータなら“wr e”,”rel”を実行しておけば設定が初期化されて次に検証を実施する人間はすぐに検証開始できるんだが…..

 

rootのパスワードを決め打ちしてしまう方法もあるが、大きな会社となると共通パスを知らない人が出てきて、またこれも検証に取り掛かるまでに時間を要することとなる

 

ということで、ファクトリーデフォルトで立ち上がる方法を探ってみたいと思う

 

…..シュミレータでは無理なようだ

検証失敗しました また実機を触れる時に再検証いたします

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ