初回アクセス時のルータ設定について(2)

少し時間が空いてしまいましたが前回(初回アクセス時のルータ設定について(1))の
続きをしていきたいと思います

前回、Juniperユーザを作りましたので、Juniperユーザでログインしてみましょう

Amnesiac (ttyd0)

login: Juniper
Password:

— JUNOS 7.4R3.4 built 2006-05-20 00:13:34 UTC
Juniper>

無事にログインすることが出来ましたね
さて、ここで何か気づくことはありませんでしょうか?

rootユーザの場合はログイン直後にはUNIXシェルへ接続されましたが
その他のユーザがログインをした場合はCLIモードへのアクセスとなります

では一般的に最初に設定する項目は何でしょう?
・ホスト名の設定
・リモートアクセスの設定
・SNMP、SNMP-trapの設定
こんなところでしょうか?

早速設定をしていきましょう
まずコンフィグレーション・モードへ移行します

Juniper> configure
Entering configuration mode

[edit]
Juniper#

では最初にホスト名を設定しましょう ここではホスト名をJunoRとしています

[edit]
Juniper# set system host-name JunoR

[edit]
Juniper#

さてあっけなくコマンドは入力できましたが本当にホスト名の設定が出来たのでしょうか?
確かめてみましょう
 

[edit]
Juniper# show | compare
[edit system]
+  host-name JunoR;

[edit]
Juniper# commit
commit complete

[edit]
Juniper@JunoR#

 
コマンドプロンプトがJuniper@JunoR#へ変化しましたね。繰り返しになりますがJUNOSの場合はcommitコマンドを発行して初めて設定が反映されるということです

では次にリモートアクセスの設定を行ないましょう
リモートアクセスを行なうにはどのような設定が必要ですか?
・ルーティングエンジンへの論理インターフェースの有効化
・telnet,sshなどのリモートアクセスの為のサービス有効化
・外部からアクセス出来るように物理インターフェースの有効化

次のとうりに実施します

[edit]
Juniper@JunoR# set interfaces fxp0 unit 0 family inet address 192.168.0.1/24

[edit]
Juniper@JunoR# set system services ssh

[edit]
Juniper@JunoR# set system services telnet

[edit]
Juniper@JunoR#

interfaces fxp0はルーティングエンジンのインターフェースです

物理インターフェースの有効化はまた次回にします

次は、SNMPの設定をしましょう
・SNMP communityの設定
・trap先のホストアドレスの設定
を設定いたします
(これ以外の設定項目ももちろん可能です)

[edit]
Juniper@JunoR# set snmp community private

[edit]
Juniper@JunoR# set snmp trap-group test-gr targets 10.0.0.1

[edit]
Juniper@JunoR#

最後にキャンディティト・コンフィギュレーションの確認と設定の反映を実施しましょう

Juniper@JunoR# show | compare
[edit system]
+   services {
+       ssh;
+       telnet;
+   }
[edit]
+  interfaces {
+      fxp0 {
+          unit 0 {
+              family inet {
+                  address 192.168.0.1/24;
+              }
+          }
+      }
+  }
+  snmp {
+      community private;
+      trap-group test-gr {
+          targets {
+              10.0.0.1;
+          }
+      }
+  }

[edit]
Juniper@JunoR# commit and-quit
commit complete
Exiting configuration mode

Juniper@JunoR>

commit and-quitは設定の反映と共にコンフィギュレーションモードから抜けるコマンドです

以上で基本的な設定は終わりです
(内容は随時更新します) 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ