コラム:英語を克服しよう(2)

ちょっと怪しい感じのする(かも知れない)コラム”英語を克服しよう”の第二回目です。

今回から少しの間、なぜ日本人が英語が話せないのかを論理的に説明していきたいと思います

私は、英語をやり直すにあたって「なぜ俺は英語ができないのか?」について考えました。
問題の本質を見極めないと何度も同じ失敗を繰り返す可能性があるので真剣に考えました
そして考え抜いた挙句「文部省が推奨する英語学習方法が間違っているからだ」と結論付けました

いきなり全否定したんです。

では、日本の教育のどこが間違っているんでしょう?
私は日本の英語教育はたとえていうと「中国語を話すために一生懸命、漢文を勉強している」ようなものだと考えています
皆さんは昔、漢文を習ったことを覚えてられますでしょうか?
レ点、返り点と言われる記号を漢字の羅列のなかに書き込んで無理やり日本語読みすると言うあれです

これと同じことを英語でもやってしまってるのではないでしょうか?
SVOがドウだのこのwhatはドコにかかるだのそもそもが間違えているとは思いませんか?
アメリカの子供たちはそのようなことを考えながら英語を話しているでしょうか?

わたしは英語を読むとき、頭から順に解釈をしていきます
これはアメリカ人、イギリス人とも同じだと思います
文法を気にしながら英語を読まないと思います

あなたは国語を習うまで日本語をしゃべれませんでしたか?
なぜ、英語がしゃべれないのに文法を先に習うのでしょうか?
英文法は英語を話せるようになってからスタートしても遅くはないと思います

さて次回は”なぜ、日本人が英語を聞き取れないか”にスポットを当ててみたいと思います

注:これは実践英語のお話です。
中学や高校の学生さんがこのコラムを読んでるとは思えませんが、
受験用英語は文部省の学習要領にそって勉強いたしましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ